拍手ボタン

ぽちっとおねがいします。
メッセージがあると泣いて喜びます!

最近の記事

最近のコメント

ユウのお部屋

ユウをクリックしてみてね☆

Sumire's Store

私の好きなものをご紹介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索

RSSフィード

関連記事Loader

Loading...

[猫カフェ]futaha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

はちみつの花 02/木内 たつや

はちみつの花 2 (2) (花とゆめCOMICS)はちみつの花 2 (2) (花とゆめCOMICS)
(2007/04/19)
木内 たつや

商品詳細を見る


≪内容紹介≫
明治開花直後の日本、名門久世家の使用人の千歳は若旦那のランと恋仲です。
身分違いの恋なのか、奥手なのか、なかなか進展しない2人。
ランは身分なんて関係ない!というタイプですが、千歳は身分が違いすぎると悩むタイプ。
全く正反対の性格の2人ですが、ある日千歳を慕っている総吾がやってきて2人の関係が少しずつ変化していく・・・


01巻のレビューはこちら。





01巻から、あまり進展のない二人です。
ピュアなのか、それとも、千歳が奥手すぎるのか、もうちょっとがんばろうよ!
と思うのは、良くない感情でしょうか・・・
これはこれで、もどかしいなぁ!という感情が出るのを狙っているのかもしれないけれど。
総吾がでてきたおかげでランのヤキモチが増えて万歳です。
このお話はランの感情がはっきり分かる→それに対し千歳が一歩歩み寄る。という流れのように感じます。

まあ、そのほかに関しては、千歳はにぶすぎますが。

03巻はもう少しラブがもっと出てくるように祈ってます。

【COMIC DATA】
はちみつの花
ザ・花とゆめ 2006/09/25・2006/11/25・2007/01/25
花とゆめ   2006/19号


2007-04-24(Tue) 23:47| [少女コミックス]花とゆめ掲載| トラックバック 1| コメント 4

コメント

こんばんは~。
可愛すぎて確かに物足りない感じ、しますよね!!
もっと行け、ラン!!とエールを送り続けてました(笑)。

2007-04-26(Thu) 00:50 | URL | りる #ofxKis3k[ 編集]

>りるさん

コメント、トラバありがとうございます~
この2人は、ランが頑張らないとダメですからね・・・

少しずつは進展してるけど、イマイチ大きな一歩がない。

こりゃ、ほんとにランにエールを送らないとですね(笑)

2007-04-27(Fri) 23:07 | URL | すみれ #-[ 編集]

コメントありがとうございましたー♪
千歳は本当に鈍いですよね(^^; ランの苦労が忍ばれます(笑)。
でも確かにあんまり進展が見られないので、次巻ではもうちょっと踏み出した話があるといいですね!

2007-05-06(Sun) 19:48 | URL | 忍野みき #Tzwnz1rc[ 編集]

>みきさん

千歳にとってはこのスピードがちょうどよいのかもしれませんが、
ランやみている私たちとしては「遅い!」といいたくなる進行具合(笑)
ランがかわいそうになってきます。

私としてはヤキモチを焼いているランをみるのがすきなのですがね・・・

2007-05-06(Sun) 20:34 | URL | すみれ #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaninchen10.blog70.fc2.com/tb.php/252-062e5540

『はちみつの花・2』の感想>少女マンガ

『はちみつの花・2』木内たつや/2007.4.19/久世家に仕える千歳と、久世家の若旦那で英国人の血を引くランとの、身分違いの恋物語。 千歳を慕う年下の坊ちゃん・総吾の登場で、二人の恋はどう動くのか…?

2007-04-26(Thu) 00:58 | 空夢ノート

プロフィール

すみれ

Author:すみれ
マンガ好きな主婦です。
最近は子育てで時間がなく、あまり更新できていませんが…
好きな作品は 白泉社の作品が多いです。
あとは有川浩さんも読みます。
こんな私ですがどうぞよろしくです。

カテゴリー

カウンター

訪問人数

現在の閲覧者数:

お気に入りブログ様

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

よろしければ押していってください~

ブログランキング
にほんブログ村 漫画ブログへ

過去ログ