拍手ボタン

ぽちっとおねがいします。
メッセージがあると泣いて喜びます!

最近の記事

最近のコメント

ユウのお部屋

ユウをクリックしてみてね☆

Sumire's Store

私の好きなものをご紹介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索

RSSフィード

関連記事Loader

Loading...

[猫カフェ]futaha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

図書館戦争 /有川 浩

図書館戦争図書館戦争
(2006/02)
有川 浩

商品詳細を見る


図書館で借りようと思って予約しました。
これでも結構待ったと思いますよ。

一応他の3冊も予約したのですが図書館内乱のみ早く借りれまして、
他のは結構予約者がいました。
読んだらもう、待てなくて、買っちゃいましたけど(笑)

≪内容紹介≫
公序良俗を乱し、人権侵害する表現を取り締まる法律「メディア良化法」が施行されたのが昭和の最後の年。それから30年ー正化31年の現在はメディア良化法に唯一対抗できるのが図書館であった。
図書館の役割は図書館法に基づき、資料の検閲を防ぎ、流通することが許されない(ここでは「狩られる」と表現)本を閲覧可能とすることでメディア良化法の本に対する自由を守っている。
だが、それは時には銃撃戦にも発達するほど激化してしまっている・・・

高校の時に検閲で嫌な思いをした郁は、そのとき自分と好きな本を助けてくれた図書防衛員の人に憧れ、自分も図書隊を目指し訓練中。

そんななか防衛員の配属が決定した。
「図書特殊部隊への配属を命ずるー。」
図書特殊部隊(ライブラリー・タスクフォース)は防衛員の中でもエリート中のエリート。訓練中、犬猿の仲だった堂上教官も一緒だ。
ここから、彼女の本を守る戦いが始まる・・・・!!

(今回長いです。ごめんなさい・笑)



いやぁ、面白くて一日で読みきったよー。

作者が月9みたいな雰囲気で書くとあとがきに書いてましたが、まさしくラブも入っています。
なかったらつまんないよねー。

と、LaLaですでに少し読んでいるのでラブコメ度が高いとは感じてたのですが、原作も結構ラブコメ度高いよね?(LaLaだからちょっと多めなのかと思ってた。)
だって「あたしの王子様ー!」なんていってるし。
メディアワークスってあんまり読まないからこういうラブなお話はないものだと勝手に思ってたよ。
勝手な偏見でごめんなさい。

現実離れした設定(といっても一応仮想現代といったところですけど。)
だけど、生活としては今と変わりのない時代。
メディア規制がなければ・・・の話ですけど(汗)

もし、本が狩られるという、この設定の世界になったとしたらやはり悲しいですね。

今読み始めてよかったと思います。
だって、すべて完結してるから、続きがきになる~!早く発売日!!という心理が来なくていいもの。
書店に行けば完結編まですべて購入できるしね。


余談ですが、
私の読み方は、「1回でじっくり」というよりも、「まずは展開をつかめ!」というタイプ。
話の起承転結の展開をバーっと早読みでつかんでからまた読み直します。
そのほうが後からわかる伏線のしぐさとか見落とさないでしょ?
で、だいたい2回で読み終えるんだけど、この作品楽しくって何回も読んじゃった。

あまりにも面白くて読むのが早かったみたいで、朝通勤電車で読み始めて、昼休み、帰りの電車でもう2/3は読んでた。
それを見た旦那は「え、一日でそこまで読んだの!?」と驚き、自分が読んでる本を見せてきました。
同じ日に読み始めたのに彼は1/5しか読めてなかった。
元々マンガでも読むの遅い人だから(私の半分以下のスピード)しょうがないんだけどね。

私と比較するのが間違ってるし(笑)


2007-12-23(Sun) 20:15| [小説]有川 浩| トラックバック 1| コメント 2

コメント

身悶えてますか?(笑)
面白いですよね、私も即効でハマリましたw
厳しい現実も織り交ぜてあるのに、でもやっぱりベタ甘ですよね。
そんなところが好き…w
郁ちゃんを気にしてる堂上教官が大好きです(笑)。

2007-12-23(Sun) 23:05 | URL | りる #-[ 編集]

>りるさん

>身悶えてますか?(笑)
えぇ。とても(笑)
戦争とかタイトルついているのに、なにこの甘さ~!!というのが率直な感想です。

厳しい態度を見せつつも、郁に対して不公平(過保護)な場面がいいですね。
すごく大切にしているんだな~ってわかるから・・・

一応全巻読みました!
また個別で記事書いたらコメ&TBしますねー。

2007-12-24(Mon) 10:40 | URL | すみれ #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaninchen10.blog70.fc2.com/tb.php/418-41615bb6

『図書館戦争』の感想

『図書館戦争』有川浩/メディアワークス/ 物語の幅が広いのは非常に良いエンタテインメントの証。ヒロインの造形に賛否両論ありながらも人気シリーズになっているのは、堂上曰く「っていうか、まっすぐだからな」という郁の性格が根底にあるからなんだと思う。  

2007-12-23(Sun) 23:02 | 空夢ノート

プロフィール

Author:すみれ
マンガ好きな主婦です。
最近は子育てで時間がなく、あまり更新できていませんが…
好きな作品は 白泉社の作品が多いです。
あとは有川浩さんも読みます。
こんな私ですがどうぞよろしくです。

カテゴリー

カウンター

訪問人数

現在の閲覧者数:

お気に入りブログ様

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

よろしければ押していってください~

ブログランキング
にほんブログ村 漫画ブログへ

過去ログ