拍手ボタン

ぽちっとおねがいします。
メッセージがあると泣いて喜びます!

最近の記事

最近のコメント

ユウのお部屋

ユウをクリックしてみてね☆

Sumire's Store

私の好きなものをご紹介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索

RSSフィード

関連記事Loader

Loading...

[猫カフェ]futaha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

別冊図書館戦争Ⅰ /有川 浩  

別冊図書館戦争 Ⅰ別冊図書館戦争 Ⅰ
(2008/04)
有川 浩

商品詳細を見る



≪内容紹介≫
まってましたー!別冊図書館戦争ー!読めてうれしい。たとえ大人の事情であったとしてでも!
エンジン全開で感想書くよー。
・・・と、その前に、『図書館革命』のおさらい。
公序良俗を乱し、人権侵害する表現を取り締まる法律「メディア良化法」が施行されたのが昭和の最後の年。
それから30年経った現在はメディア良化法に唯一対抗できるのが図書館なのだ。
主人公の郁はそんな図書館の防衛エリート『図書特殊部隊(ライブラリー・タスクフォース)』に配属され、検閲対象の本を良化隊員の手から守っている。
当麻事件では本だけでなく、作家の表現の自由まで奪われる寸前だった検閲に対抗し、裁判に発展するも いい結果ではなかった。
そこで郁のアイデアで亡命を図ることに。

大使館に駆け込む途中、良化隊に撃たれリタイアする堂上教官を置いて任務に向かう郁。(その際に告白の言葉を投げつけて行くのよね)
任務終了後再度告白するのだった。

詳しくは図書館革命のページをご覧ください。(←最初からそういえばいいのにねぇ?・笑)


で、別冊の本編は・・・
図書館革命の「5.その幕切れ」から「エピローグ」の間の恋人期間の2人のお話です。
当麻事件解決後付き合うことになり、プライベートな境界線が変わり堂上教官がやさしくなった。
恋人同士が経験するいくつものイベントを超えて幸せになる2人がかかれています。

・・・今回は、内容紹介するの難しい! もう、以下の感想でご勘弁ください。
ちなみに感想はハイテンションで書いてます。ご注意を(笑)

いやぁ、ベタ甘万歳ということで。
話を思い出すだけでニヤニヤしちゃう。
早売りでゲットしたので、買ってきたその日は家事を一切放棄して2回読んだよ!!
さすがに三回目はもう2:00だったのであきらめましたが読みたかった。
休みの日なら読んでたね。旦那に文句を言われようがお構いなしです。
だって「私が我が家の法律ですから」by静佳(教官の妹さん)
その後も読み続けてます。今度は戦争から読み返そうかなー。あーシアワセ☆


スクモさんのイラストを見るのも楽しみの一つなんですが、表紙の郁は読む前に見た。
でも裏表紙の教官は気付かなかった。(正面しか見てなかったらしい。)
読み終わった後に気がついて見た。
わー!!なんとも表現しにくい悲鳴が出たよ。心の中で。
だって、肩のシップー!!なんだかえっちぃわぁ。(これについては4章に記述。)
しかも帯でその部分は見えないってのがね。
イラストの絵は読み終わったあとで楽しむのですが、何を意味してるのかわからないのが何点かあるんだ・・・。だれか教えて・・・。

お話は激しい戦いはあまりなく、ひたすら2人の恋愛がメイン。
『図書館革命』でのエピローグで結婚している事実があるので、結婚までの2人ということは!!
プロポーズあり!?と期待して読んだよー。そしてありました。

それよりも何よりも、読んでると堂上が郁にメロメロ(←死語か!?)なのがなんとも糖度をあげています。
あまりにもベタ甘すぎて、柴崎の台詞じゃないけど、「あたしに強い酒を―!!」という気持ちがよくわかるわぁ。
いつもなら飲めない焼酎が飲めたからね。しかも酔わなかった自分がすごいと思ったw
(多分読むのに集中しすぎてアルコールはいずこへ?となったんだと思うけど。)


さて、長くなりそうなので(といいますか、長いです。)本編をどうぞ。
激しくネタバレしてます。

関連記事
前作→『図書館戦争』 『図書館内乱』 『図書館危機』 『図書館革命』 
図書館内乱で出てきた本→『レインツリーの国

コミックス版 『図書館戦争―LOVE&WAR―

作者カテゴリー→有川浩ページ



1.「明日はときどき血の雨が降るでしょう」 

堂上が近くの病院に転院したところからスタート。
前作の(再)告白のシーンでプライベートの境界が変わったという表現があったのですが、ここまで変わるとは!!
もう、すでに5P目からヤラレタ!!
だってさ、入院中に郁ががんばって林檎をむくわけですよ。でもその手は危なっかしくて今にも手を切りそう。
堂上がそれをやめさせようとがんばってると、ツルリ!やっぱりやっちゃったー。
親指からは血が出てしまったのですが、それを堂上に吸われて固まる郁。
しかも消毒して来い!と言った堂上が固まったのをみて振り返ると・・・3人が見ていたという(笑)
初っ端から甘々。
柴崎じゃないけど、アタシに酒を!という気持ちがよくわかるわー。

そして特殊部隊事務室の歓迎。こんなので息をそろえんでもいいだろうにと思うけど
いじられ役の堂上だからしょうがないか。

その後の事件としては、図書館の本を盗んだ輩を捕まえよう!というミッション。
確保した後あたりの部分は一人で読んだほうがいいよね。だってブラッディ笠原だもん(笑)

2.「一番欲しいものは何ですか?」

ご両親と初対面だー!!の巻。
年末年始のお休みは恒例ではあるけれど、寮で過ごす郁。
一方堂上は都内に家があるため元旦のみ帰省し、2日3日は郁とのデートだったのだが・・・

ひょんなことから堂上の家族に郁の存在がバレタ!
そんで、彼女を連れて来い!ということになったらしい。
緊張して彼の実家にお邪魔する郁だったが、お父さんに進められたワインを断れず、飲んだらぶっ倒れてしまったというオチです。

柴崎も実家から帰ってきて女の子トークです。といっても郁のノロケ?を聞いてるだけなんだけどさ。
柴崎と手塚のなかはいつになったら進むんだい?今度はあんたたちがじれったいわー。

お正月休みもあけて仕事が始まると、要注意人物が現れる。―酔っ払いだ。
郁が下手に出て諭すと次の機会に抱きつかれてしまった!
堂上の怒り頂点だよねー。目の前で大事な彼女がおっさんに抱きしめられてるんだし(笑)

で、でも。一番のポイントはキスシーンかしら?
年末警備で忙しかった特殊部隊の2人にはクリスマスというイベントがなかったみたい。
そんで、何か欲しいものは?と聞かれたときに、頭の中で考えていたはずの台詞が全部ダダ漏れだったらしくて・・・
2人の写真が欲しい、指輪は要らない、でも一番はキスかなーなんて呟かれたら、、抱きしめたくなっちゃうよね。
むしろ抱きしめてもいいですか?ですよw
あぁ!うまく書けないけど「甘い」ということだけは確かだー。(興奮気味・笑)


今ふと気付いたのだが、静かじゃない静佳ってシャレですかね!?(p78)


3.「触りたい、触られたい二月」

付き合い始めて半年がたつ2人。キスより先は―まだだった。
郁のほうに経験がなく、恐いと思ってしまうからだ。

そんなことより、(いや、これも大事だけど)柴崎の過去の恋愛とか出てきたことがビックリデス。
郁にここまで話せるようになったのかーと。
革命時にも結構話す間柄だったとは思うけど、別冊にきてから2人の友情がここまで描かれるとは思わなかったな。
でもなんかうれしいー。

ここの章は結構エピソードてんこ盛りでした。
キスより先を恐がったことで、堂上とギクシャクしちゃったり
手塚に言われた何気ない一言でポロっと涙が出て、胸借りて泣いてるところを堂上に見られちゃったり(しかもギクシャクしてる最中に!)
そのことでアワアワと動揺してる手塚がかわいかったり
催涙ガスが発火した館内に聴覚障害の子がいるとわかった郁が助けに行く場面とか
それをみた堂上が郁を心配するあまり 人目憚る余裕なしで「郁!」と叫んだ場面とか
付き合ってるの知らない防衛部の皆さんの反応とか


あげたらきりないよー。ということでまた読み返します(笑)


4.「こらえる声」

2人の”初めて”が書かれています。でもこの2人の場合、甘いというよりも笑いがきてしまうのですね(笑)
せっかく外泊なのに、スポーツブラはダメでしょう(笑)
堂上の背中に(肩か。)に噛み付いて、歯型残しちゃったり、面白いカップルだことww
その後の説教も笑えるー。
アレの後に(代名詞で勘弁してー)ひざ詰めで説教って・・・なんてムードのかけらもないんだ!

事件のほうは2つ。正反対の親子関係が出てきました。
片方は自分を犠牲(というか人質)になってでも子どもを安全なところへ逃がす母親と一方、子どものことを愛してはいるけれど、自分のことでいっぱいになえい、虐待を止められない母親。
その対比で傷つく郁をなぐさめる堂上がステキです。
人質の方は自分が餌にさせられてました。人質のお母さんと自分が交換してもらえたらラッキーって。
郁は自分で釣れるのかな?と疑問を抱いてるけど、結構周りの反応はいいみたいよ。
上官に掻っ攫われて、悔しい想いをした同期もいるらしい(柴崎談)

ここでは手塚・柴崎もポイントだよ!!
泣いたところを見せたくない柴崎が手塚の前で泣き声もらして泣いたんだから!!


5.「シアワセになりましょう」

付き合い始めて一年以上経った2人。図書隊でのカップルは半年も経つと二人だけになれる空間として共同で部屋を借りるケースが多いとか。
郁もそれに習い(というか自然な流れで)堂上に提案してみるが・・・

えらい剣幕でダメだしされてしまう。堂上のほうはその後に何か言葉を続けたかったようですが、お子様な考えだといわれている様で傷ついた郁は「もういい」と。
喧嘩というか、一方的に郁がすねてしまい、仲がこじれる2人。
仕事上では何か問題があるわけではなかったが、2人の微妙な雰囲気に居心地がこの上なく悪いと手塚談。
まぁ、たしかに・・・ベタ甘のカップルがいちゃつきもせず淡々と業務をこなし、必要以上に話さなければ何事かと思うよね。
ましてや同じ班。ご愁傷様です。

郁も頭の中では歩みよらなきゃと思ってはいるのだけど、ダメだしされた内容を思い出すといろんな感情、最大は恥ずかしいという感情を自分でもどうすることもできずにいた。
そんな中で奇襲がかかり、少し歩み寄った2人。仲直りをするための久しぶりのデートに向かうと郁の提案のダメだしを伝えたうえで更に爆弾投下!!

あまりにもいきなり過ぎて郁チャン頭真っ白状態です。
爆弾投下はプロポーズなんですけど。台詞はご自身でご確認を(笑)
いやー、ここにはかけないよー。書いてはいけない気がする。
でも2人らしく、ちょっと逆切れ気味の堂上と、感情だけで返事をする郁の会話をほほえましく思ったり。

そんなこんなでシアワセでラブラブな主人公2人のカップル話でした。
一通り読んで思ったのが、この2人の恋愛模様を一番よく知っているのは小牧教官なんじゃないかと。
次に柴崎。
あの2人は本人からのノロケや愚痴を聞いている立場上本人達よりも2人がよくわかってるかもね。
小牧教官なんかは柴崎がしらない情報とかも知ってそうだし。(過去の堂上とか)
弱みは握られたくない二人なんだけど、味方についたら心強いよね。

感想というかネタバレあらすじ書いていたら、また読みたくなっちゃったよ。
また読み返そうっと。

別冊Ⅱは主人公2人以外のカップル(?)をメインに取り上げるようですよ。
柴崎と手塚は果たしてくっつくのか?
というか、そもそもこの2人の恋愛を書いてくださるかは謎ですが、期待大です。


有川先生楽しみに待ってます!!(告白・笑)
長くなりすぎたのでこの辺で。
お読みいただいてありがとうございました!

2008-04-12(Sat) 21:17| [小説]有川 浩| トラックバック 2| コメント 8

コメント

この感想を読んだ翌日夕方にはボロボロになりかかってたわたしが来ましたよ(笑)。昨日はいろいろありがとうございました。はてな更新しましたんでいらしていただければ嬉しいです♪ でもお体はどうぞ大事にね?

この時郁ちゃんがやった林檎の皮の剥き方って、しゅるしゅるくるくる皮だけ剥いてからってやり方なんですかね。
わたしは先に6つに割ってから剥くという考えようによっては絵にならないやり方を採用しています(笑。可愛くもないかも)。指を切ることは少なそうな感じですね。
でも上記のしゅるしゅるな剥き方だと、最後まで剥ききった皮を背後に投げて、出たイニシャルの人が運命の人だという占いが西洋であったと昔小説で読んだことがありました。

2008-04-14(Mon) 08:51 | URL | べにすずめ #Pg0b8NKs[ 編集]

>べにすずめさん

いえいえこちらこそどうもありがとうございます~。寝不足にしてしまってすみません(笑)

林檎のむき方は丸ごと一個です。私も丸ごとはむいたことありません。といいますか、時間かかってしょうがないし。時間短縮万歳~!!ということで。

でも難しいのにがんばっちゃう郁の乙女度合いが私にはたまらなくかわいいですね。
きっと教官もそこがいいのでしょう。ごちそうさまですねw

2008-04-14(Mon) 22:10 | URL | すみれ #n.R1x1CA[ 編集]

こんにちは!! TBしたまま根尽きてしまい申し訳ありませんでした!!

本編ずっと、「強い酒をー!!」状態でした(笑)。
もう、どこを読んでも面白いし、どこを読んでもラブ満載で、こんなに満足するなんてスゴイ!!というレベルで大満足でしたw

>、読んでると堂上が郁にメロメロ(←死語か!?)なのがなんとも糖度をあげています。

そーですよね、郁ちゃんもメロメロですが(絶対あたしの方が好きだ、とか言ってましたw)、そこに輪をかけて堂上がメロメロでしたよね!!
「初めて」の後の説教でも、怒りきれずに笑い出してしまうところとか、とても可愛く思ってるのがよく伝わってきました。 いいなぁ、憧れますあぁいうのw

そして、私の脳内では、弓先生の絵で動いてましたからね、余計身悶えましたよ(笑)。 真っ赤になってキレそうな堂上とか!!(笑) 

ホント良かったです。 2巻も楽しみですよね!!

2008-04-22(Tue) 20:33 | URL | りる #-[ 編集]

>りるさん

いえいえ、コメントどうもありがとうございます!
これはもう、ノロケの本ですよね。ある意味。強い酒が必要なくらい破壊力がありましたー。

『初めて』話もしゅんとした郁がめちゃくちゃかわいかったんだろうな。その後の手塚の指摘は痛いけど。教官の郁へ対する深い愛を感じました(笑)

別冊2もホント楽しみです。発売夏らしいですよ!

そして、りるさんのブログにあった緒方副隊長のエピソード、電撃マガジン(小説版)で前に掲載されてました。2に載ってるといいなー。

2008-04-22(Tue) 21:48 | URL | すみれ #n.R1x1CA[ 編集]

再びです。

>電撃マガジン(小説版)で前に掲載されてました。

うわ、そーなんですか!? すみれさん、しっかり追ってますね?(ニヤリ)
2に是非載せて欲しいですね。 このままだと、日の目を見ない…(笑)。

2008-04-22(Tue) 22:04 | URL | りる #-[ 編集]

>りるさん

そーなんです!読んじゃった(笑)
1のあとがきで「二冊目は他の登場人物も・・・」って書いてあったし、期待度大です!
『も』ということはやはり主人公2人も出てくるということでしょう。
主役がいなくてどうするんだ!ですが(笑)
以外な伏兵まで出てきたりして。
(皆目検討つきませんが・・・すぐ出てくる名前は進藤一正かな?いやいや、ありえないな。妻子もちだし・・・)

2008-04-22(Tue) 22:40 | URL | すみれ #n.R1x1CA[ 編集]

やっと読み終わって感想も書き終わりました(汗)。いやあ、入れ知恵したヒトはなんてことをしてくれたんだ、という気持ちです。何か報復手段ないかしら……。読んでる間中はさくさくと読みやすいくらい(ええ本編より笑)だったのに、読み終わってから(汗)。

でも楽しいこといっぱいありはしましたよ。
皆さんがⅡを読むのに間に合えて嬉しいですね。

そういえばさらっと書いてあった緒方さんの話、こちらを読んでたせいか「ここできたかっ」とズキッときました。

そういえば、トラバ送った後でタイトルとカテゴリ割直したんだけど、どうしましょう?

2008-07-15(Tue) 01:56 | URL | べにすずめ #Pg0b8NKs[ 編集]

>べにすずめさん

コメントとTBありがとうございます。

そうだ、4月の時点で少し(いや、だいぶ?)ネタバレ喰らってしまったんですよね?
その原因の一人で申し訳ない(笑)

>緒方さんの話
きっとね、2のほうはもっとせつないお話が読めると思いますよ。
電撃で掲載された緒方副隊長のお話、メチャクチャ意外で切なかったですもん。


TBの件、直っているみたいですよ。
即時反映じゃないようにしているから、認証した時点でのってことなんですかね?
うーん。よくわからない。でも、ちゃんとできてるみたいだしいいですかね?

2008-07-15(Tue) 19:59 | URL | すみれ #n.R1x1CA[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaninchen10.blog70.fc2.com/tb.php/480-5ddb1db6

『別冊図書館戦争・1』の感想

『別冊図書館戦争・1』有川浩・著/徒花スクモ・画/アスキー・メディアワークス/『俺が好きになったのはそういう女だったから仕方がない』私が今までに読んできた中で、一番「あーこれは甘いわっ。 激甘だわっ!!」と感じたのは、田中メカ『キスよりも早く』だったのです...

2008-04-21(Mon) 20:38 | 空夢ノート

「別冊図書館戦争」1冊目読んだよー!!!

本の内容が内容なので、こんな歌詞を持つ曲から始まるaikoの2ndアルバムをBGMにしてこのエントリを書くことにします。 ハイ、読み終わりました。 シリーズで最速ってくらいのスピードで読めました。本当にさくさくと。 4冊目の「革命」がやや読みづらかったのと裏腹とい

2008-07-15(Tue) 01:49 | 「ざれごと寝言大事なこと」日記

プロフィール

Author:すみれ
マンガ好きな主婦です。
最近は子育てで時間がなく、あまり更新できていませんが…
好きな作品は 白泉社の作品が多いです。
あとは有川浩さんも読みます。
こんな私ですがどうぞよろしくです。

カテゴリー

カウンター

訪問人数

現在の閲覧者数:

お気に入りブログ様

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

よろしければ押していってください~

ブログランキング
にほんブログ村 漫画ブログへ

過去ログ