拍手ボタン

ぽちっとおねがいします。
メッセージがあると泣いて喜びます!

最近の記事

最近のコメント

ユウのお部屋

ユウをクリックしてみてね☆

Sumire's Store

私の好きなものをご紹介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索

RSSフィード

関連記事Loader

Loading...

[猫カフェ]futaha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

プライベートプリンス 04/円城寺 マキ

プライベート・プリンス 4 (フラワーコミックス)プライベート・プリンス 4 (フラワーコミックス)
(2006/11/24)
円城寺 マキ

商品詳細を見る


恋した相手が王子様というシンデレラ・ラブストーリーの第4巻です。

≪内容紹介≫
論文の資料のためにウィルに近づいた都。だが彼は自分のことを好きにならないと資料を見せるわけにはいかないという。
断固として拒否してきた都だが、いつしか彼の人柄に惹かれ、ついには恋人同士になった。だが自分と彼の身分違いに悩む都にウィルの兄は・・・

前巻のおさらい→01巻02巻03巻

しかし、この表紙の格好、ウィルは王子に見えないよね。
私立の幼稚園の制服みたい(←言ってはならないことを!)




Lesson16:わが心に問えば
せっかくウィルの国に来たというのに、ウィルのお兄さんに連れまわされていた都は彼とすれ違いばかり。しかも都の研究対象であるリツコ妃の資料がたくさんある王室に来てしまったのだから、もう舞い上がってウィルのことを怒らせてしまって・・・

結局はウィルのお兄さんにまんまとだまされたわけなんですが。
悩みを聞き、ウィルにふさわしいか判断されてたみたい。
一応は受け入れられたのかな??

Lesson17:リゾート戦線異状アリ
ウィルのお姉さんセシリア殿下がやってきた。
彼女はアパレルブランドを持っていて、ウィルにモデルを頼みにきたのだ。
久しぶりに2人っきりで過ごせると思っていたのだが、結局モデルを引き受けざるを得なくなってしまい・・・
台風が来て去るという感じだったんだろうな。ウィルにとっては。
お姉さんに振り回された2人です。

Lesson18:わが旅は終わりぬ
ウィルの母国(エストリア)から戻ってきてみると、都の母親が心配で倒れていた。
急いで母親に合うも、ケンカしてしまう2人。
母は旅館をついでもらいたい、都は学問を続けたいと平行線な2人。
ウィルとの交際のことまでに発展して、遊ばれていると言われる始末。
ウィルも対抗するのだが、プロポーズのひとつでもなさったの!?と一言。
しまいには婿養子なんて単語まで・・・

でも最後には都のお父さんが出てきて丸く治めてくれたのです。
お父さんってすごいね。


Lesson19:禁じられた逢瀬
実家をでてまた一人暮らしを始めた都。生活のためにバイト三昧していたらウィルとすれ違ってしまう。
やっと会えたのは都のバイト先での遊園地で、そこで彼にプロポーズされるが、周りのひとに見つかってしまい・・・

遊園地でプロポーズなんてある意味ロマンチックなんだけど、この2人は全然ってところがいいよね。
なんせ都はバイトのためにパンダのきぐるみ着てるのですからww

Lesson20:かくも長き不通
遊園地の出来事が週刊誌に載ってしまった。
マスコミ対策で会うのを禁止された2人だったが、セシリアのブランドオープン記念のパーティーに出席するというマスコミ情報を得た都はひと目彼を見ようと出かけるが・・・

これがまた裏目に出てしまうのですね。次号に続くデス・・・

次は最終巻!表紙はウエディングドレスだからハッピーエンドです。

2008-04-20(Sun) 19:04| [少女コミックス]その他少女系| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaninchen10.blog70.fc2.com/tb.php/485-66159d62

プロフィール

すみれ

Author:すみれ
マンガ好きな主婦です。
最近は子育てで時間がなく、あまり更新できていませんが…
好きな作品は 白泉社の作品が多いです。
あとは有川浩さんも読みます。
こんな私ですがどうぞよろしくです。

カテゴリー

カウンター

訪問人数

現在の閲覧者数:

お気に入りブログ様

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

よろしければ押していってください~

ブログランキング
にほんブログ村 漫画ブログへ

過去ログ