拍手ボタン

ぽちっとおねがいします。
メッセージがあると泣いて喜びます!

最近の記事

最近のコメント

ユウのお部屋

ユウをクリックしてみてね☆

Sumire's Store

私の好きなものをご紹介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索

RSSフィード

関連記事Loader

Loading...

[猫カフェ]futaha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

LaLa 9月号感想

LaLa (ララ) 2006年 09月号 LaLa (ララ) 2006年 09月号
(2006/07/24)
白泉社

この商品の詳細を見る


買う予定はなかったのだが、買ってしまった。
ま、30周年記念号ということで、お買いあげという事にしておこう。

ララ本誌で好きな連載は
○龍の花わずらい
○ペンギン革命
○セーラー服にお願い!(今月最終回だった・・・)
○会長はメイド様
○ホスト部
○金色のコルダ

くらいかな。
あ、ZIG☆ZAGもたまに読んでる。まだ初めのほうは読んでないのでコミックで読もうかと思ってる。
なかじ有紀先生は好きだけど、本誌ではあんまり読むことがないなー。
コミックで一気に読むほうがいい。

感想は続きを読んでください。ネタバレ大アリです。



ホスト部
久しぶりに美鈴っち登場。
美鈴の娘がきたらしいのですが、女装の父に反抗して手を焼いていて
ハルヒ親子をたよってきた。
そこでハルヒは彼女の学校まで迎えに行くのですが・・・

美鈴っちの銀行マン時代の画とかにウケマシタ。
いつもは男の子の制服なんで、迎えに行っているときのハルヒの格好(女生徒の制服)は新鮮でしたね。他のホスト部のみんなもハルヒが部活を休んでいるので気になリ(やはり鏡夜は理由を知っていたので)迎えの現場に急行します。
話の展開上カラオケに行くことになリ、さらには美鈴っちの娘が環を気に入ってしまうという所まで来ちゃいましたよ。
ハルヒは自分の中で環がみんなとは違う存在だということをうっすら自覚してるんだかしてないんだか。なんとも微妙な状態ですね。
恋の要素がなくてもホスト部は楽しいのでいいんですけど、話が進みそうで進まないこの状況はどうにかして欲しいとおもいます。


龍の花わずらい
砂嵐の謎とルシンの師匠(スウェ)の秘密が少しずつ明らかに。
スウェは踊り子だという設定でしたが、どうも私的には男にしか見えなくてですね。
だって、全て筆談って怪しいじゃん!!
まあ、今月謎が明らかになったような・・・。村の長を助けようとして発した声が男の声がしたというところで終わったのでね。
まあ、彼がきっとシャクヤの父さんかその情報を握る人であるだろうとは予想してますが。

セーラー服にお願い!
先月雛菊倒れちゃいましたね。
生き返るとは思っていましたが。代わりにシシさんがあっちの世界に行くことに。
しかし、シシの最後のセリフ「子作りするぞ」には笑ってしまいました。
なんてストレートなんでしょう(笑)
最後は6年の月日を経てまた二人がであっておしまいでした。

メカさんの次回作に期待です。
私としてはメカさんの「7時間目ラプソディー」とかLaLaDXの「7月の魔法使い」などの設定のほうが好きですね。なんて私の好みなんてどうでもいいですが。



会長はメイド様!
連載延長おめでとうございます。ヒロさんの絵は結構好みです。
毎度毎度会長には問題が降りかかっていますが、やっぱり彼が助けてしまうのですね。
9/5には初コミックス発売とか。 購入予定リストに追加です。


ペンギン革命
真を狙っている輩が今度は涼まで狙い始めた。
奈良崎がその現場を見てゆかりに話すと彼女は社長室へ。
そこで涼の秘密を知ってしまうのですが。

結構飛び飛びに読んでいるもんで、話が不透明ですが、涼と真って兄弟なの?違うよね?前回とその前の展開が頭の中からすっぽり抜けているので、私の勘違いだったらごめんなさい。
でも、真が運転手の息子だかなんだかっていうのだけは記憶にあるんだけど。
次回ゆかりの反応が楽しみかもしれない。


金色のコルダ
学内コンクールの発表が始まった。
月森の演奏を聴きあせった香穂子は練習室でヴァイオリンを弾く。
なぜか今回は腕が重たい感じがする?と思ったそのとき
リリィが現れ何かを告げる。

何を告げたんでしょうかね?そろそろ魔法が切れますよ。とかかな?
急展開が待っていそうです。楽しみだなぁ。



お兄ちゃんと一緒。
コミックスまだ読んでないのですが、読んじゃった☆
一番上のお兄ちゃんに告白をしようとがんばる主人公。
結局他の兄弟sに邪魔され告白できずじまいでしたが、
お兄ちゃんは実は気持ちを知ってそうです。





時計野はりさんと葉鳥ビスコさんって高校の先輩後輩らしいですね。
なんだかホスト部の柱の部分読んでいたら私の卒業した学校と似ているんですよね。
時計野さんと出身地が同じなので、もしかしたら私の出身校と同じかもしれません。
ま、別にたいしたことではありませんがね・・・
たとえ同じ学年でも生徒数が多くて知らない人だらけだもん。
現に予備校で「同じ学校だよね?」と声かけられた人も私は知らなかったし。
(確かに確認したら同じ学校だった。)

2006-08-03(Thu) 01:02| [雑誌レビュー]LaLa・LaLaDX| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaninchen10.blog70.fc2.com/tb.php/50-0e68aad1

プロフィール

すみれ

Author:すみれ
マンガ好きな主婦です。
最近は子育てで時間がなく、あまり更新できていませんが…
好きな作品は 白泉社の作品が多いです。
あとは有川浩さんも読みます。
こんな私ですがどうぞよろしくです。

カテゴリー

カウンター

訪問人数

現在の閲覧者数:

お気に入りブログ様

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

よろしければ押していってください~

ブログランキング
にほんブログ村 漫画ブログへ

過去ログ