拍手ボタン

ぽちっとおねがいします。
メッセージがあると泣いて喜びます!

最近の記事

最近のコメント

ユウのお部屋

ユウをクリックしてみてね☆

Sumire's Store

私の好きなものをご紹介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索

RSSフィード

関連記事Loader

Loading...

[猫カフェ]futaha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

朽ちる散る落ちる /森 博嗣

朽ちる散る落ちる―Rot off and Drop away (講談社文庫)朽ちる散る落ちる―Rot off and Drop away (講談社文庫)
(2005/07)
森 博嗣

商品詳細を見る


≪内容紹介≫
土井研究所の地下で奇妙な死体が発見される。
それは出入りが不可能な完全密室で、自殺にしても他殺にしても不明点があり
どちらともいえない状態であった。

瀬在丸紅子はある日N大の周防教授より不思議な話を耳にする。それは
「ある有人衛星に乗っていた乗組員がすべて他殺体で発見された」ということ。

土井研究所の死体と有人衛生の死体とは何かつながりがあるの!?

-----------------------------------------------------------------
間に1冊挟んだだけで、もう、土井研究所の事件を忘れている自分に驚いた!


記憶力をフルに使って大まかな流れは思い出せましたが・・・
前回の事件より前からこの死体はあったということになります。

密室で発見されたのだが、どうも納得がいかない。
それもそのはず、他殺ならどうやって密室にしたのか。
自殺なら現場にできていた血痕のつき方がおかしい。

謎はすべて紅子さんがいつもの通り説いてくれるのですけど、
あと1作でVシリーズがホントに終わるの?という印象です。

だって、保呂草さんの謎が多すぎるんだもの!!
解明されるの?それとも謎なまま?

答えは次作にある・・・はず・・・。

2008-06-08(Sun) 11:02| [小説]森 博嗣| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaninchen10.blog70.fc2.com/tb.php/515-34c5de1e

プロフィール

すみれ

Author:すみれ
マンガ好きな主婦です。
最近は子育てで時間がなく、あまり更新できていませんが…
好きな作品は 白泉社の作品が多いです。
あとは有川浩さんも読みます。
こんな私ですがどうぞよろしくです。

カテゴリー

カウンター

訪問人数

現在の閲覧者数:

お気に入りブログ様

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

よろしければ押していってください~

ブログランキング
にほんブログ村 漫画ブログへ

過去ログ