拍手ボタン

ぽちっとおねがいします。
メッセージがあると泣いて喜びます!

最近の記事

最近のコメント

ユウのお部屋

ユウをクリックしてみてね☆

Sumire's Store

私の好きなものをご紹介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索

RSSフィード

関連記事Loader

Loading...

[猫カフェ]futaha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

赤緑黒白 /森 博嗣

赤緑黒白―Red Green Black and White (講談社文庫)赤緑黒白―Red Green Black and White (講談社文庫)
(2005/11)
森 博嗣

商品詳細を見る


≪内容紹介≫
ある夜男性が殺された。奇妙だったのは遺体の状況。
彼は全身真っ赤に色塗られていたのだった。
被害者の名前は赤井。これは偶然だろうか、それとも…

その後保呂草の元に依頼にやってきた女性がいた。彼女は赤井の恋人だった。
しかし依頼を引き受ける前の予備調査中に彼女も殺害される。
しかも全身緑色。彼女の名前は美登里だったのだ。犯人の意図とは一体ー?

長かったVシリーズの最終巻です。





1話目の”黒猫の三角”で犯人だった彼が出てきたんですよね。重要なアドバイスを贈る役として。
で、その彼の存在を忘れていた私は書店で調べました。
図書館で借りた本だったので・・・

ラストの終わり方は何だかあっけなかった気がします。
淡々と終わった感じ。はっきりとさせてない部分が多いので混沌としたイメージのまま読了しちゃいました。
ある意味想像や行間を駆使して読んでいかなきゃいけないってコトなんですよね。

それにしても紫子と練無はくっついたのだろうかね?怪しくなってきたよ。
錬ちゃんは紫子のこと好きっぽいしなー。

番外編とかで出てくるかな?と期待してます。

次は四季シリーズ。1つのお話と考えると長いですが、4冊は少なく感じますね。

2008-12-09(Tue) 22:13| [小説]森 博嗣| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaninchen10.blog70.fc2.com/tb.php/554-56fea5a0

プロフィール

すみれ

Author:すみれ
マンガ好きな主婦です。
最近は子育てで時間がなく、あまり更新できていませんが…
好きな作品は 白泉社の作品が多いです。
あとは有川浩さんも読みます。
こんな私ですがどうぞよろしくです。

カテゴリー

カウンター

訪問人数

現在の閲覧者数:

お気に入りブログ様

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

よろしければ押していってください~

ブログランキング
にほんブログ村 漫画ブログへ

過去ログ