拍手ボタン

ぽちっとおねがいします。
メッセージがあると泣いて喜びます!

最近の記事

最近のコメント

ユウのお部屋

ユウをクリックしてみてね☆

Sumire's Store

私の好きなものをご紹介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索

RSSフィード

関連記事Loader

Loading...

[猫カフェ]futaha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

アラクレ 08 /藤原 規代

今回珍しく杏真がピンで表紙ですよ!
最初で最後だと思うけれどもね・・・(苦笑)

≪内容紹介≫
常盤組のお嬢・みどりに気に入られてしまった楽十は彼女のお世話役として常盤組に貸し出されることになってしまいました。(これは幸千恵がケンカを買ってしまったためにそうなったのだ。)
責任を感じた幸千恵もメイド(?)として奉仕を申し出る。
一方杏真は祖父の入院先で柚季という少女と出会い・・・

過去の感想はこちら
アラクレ01
アラクレ02
アラクレ03
アラクレ04
アラクレ05
アラクレ06
アラクレ07



以下とじます。





今回、場面が3つあります。
1つ目は常盤組
2つ目は杏真と柚季
3つ目は夏休み、浅葱組でリゾートへ!
です。

3つ目のリゾート(とよべるのだろうか?)で楽十はずっと離れていた父親と出会うが・・・というところです。

本誌感想を念のためくっつけておきます。

39話 (花とゆめ 2008/05号)
「いかないで」と楽十に言ってしまった幸千恵。
やっぱり自分の気持ちにはまだ気づいていないみたい。
でも、楽十が近くにいて欲しいという願望はあるみたいなのでよしとしようかな。

とりあえずみどりちゃんの言いなりになり、早く家に帰ろうと約束した2人。
虎太郎が幸千恵と楽十の関係をみて、ちょっと強くなりました。
なので、2人は家に帰れることができたのでした。めでたしめでたし。

今回あらすじ説明は難しかったけど、幸千恵から出る台詞が楽十にヒットすること!
自覚ないんだ、この子は~とちょっとじれったい(笑)


40話 (花とゆめ 2008/06号)
みどりちゃんのお屋敷で2人で頑張って働いている頃の杏真のお話です。
身内はじいちゃんしかいない杏真はしょっちゅう病院へお見舞いに行っていた。
そこで出会った女の子、柚季ちゃんとお願い事のクローバーを探すというお話。

きっと2人は心が通じ合ったのかな。
大好きな祖父母が入院して、長生きできますようにと祈る二人には共通点が多かったのかもね。
しんみりしてるけど、心温かいお話だったと思います。


41話 (花とゆめ 2008/07号)
再度柚季ちゃん登場。
せっかくもらった動物園のチケットを活かし、幸千恵を誘う楽十だったが、サチは杏真も誘いにかかった。
4人で動物園に行くことになったのだけれど・・・

楽十はみどりちゃんのお屋敷で「行かないで」といわれてから欲張りになってるし、幸千恵は自身ではよくわかってないけど、意識しまくってるし。
じれったい2人です。
早く初恋の人だと気付いてしまえばいいさー!!
とちょっぴり毒づいてみる(笑)


42話 (花とゆめ 2008/10号)
あーじれったい!さすがにここまでくると、もうちょっと行動に移してもいいんじゃない?といいたくなります。
楽十は過去に色々あったみたいだから、踏み出せないというのもわかるけどね。
しかし、今回また旅行に行った浅葱組一行なんだけど、そこで楽十に似てる人発見した!しかも頭いいおじさま。
もしかして楽十の親戚かなんかかな?気になるなー。


43話 (花とゆめ 2008/11号)
新章です。
せっかく組のみんなとお出かけだというのに、ちーちゃんに捕まって、毎日課題をこなすことを強要されてる幸千恵。
一時期勉強を見てもらった中年の男性は楽十に似ていて・・・

えー、似てる人は楽十の父親でした。
でも過去が過去だけに、父親を拒絶する彼。
最後は幸千恵のモノローグで終わってました。その手を離しちゃいけなかったんだ・・・と。
え、次号急展開!? わー、いい方向ではなく、悪い方向の急展開の予感・・・(涙)


44話 (花とゆめ 2008/12号)
絶縁状態だった父親とふとした再会をしてしまった楽十。
幸千恵は気になってしかたがない。部屋に戻って休む楽十におかゆを持っていくのだが・・・

じつは楽十は体調不良ではなかった。父親との再会にいろんな感情を抑えられなくて独りになっていたのだ。
幸千恵に対してもその感情をぶつけてしまって嫌われたらと思うことが恐くて近づけない。
だが、そんな楽十でも幸千恵は「どんな五十嵐さんでも私は好き」と告白し・・・

うーん。この告白はどっちとも取れるんですよね。
ラブのほうの大好きと家族・友達としての大好き。
微妙なところですよ。多分3:7くらいで家族としての「大好き」で言ったんだと思いますが。
そこんとこどうなんでしょうかね。次号は7月ですって。遠いなー。

以上が本誌の感想でした。
2009/06号現在すでにアラクレは最終回を迎えております。
コミックスが出るのが楽しみです。

2009-09-13(Sun) 21:45| [少女コミックス]花とゆめ掲載| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaninchen10.blog70.fc2.com/tb.php/603-0a12a505

プロフィール

すみれ

Author:すみれ
マンガ好きな主婦です。
最近は子育てで時間がなく、あまり更新できていませんが…
好きな作品は 白泉社の作品が多いです。
あとは有川浩さんも読みます。
こんな私ですがどうぞよろしくです。

カテゴリー

カウンター

訪問人数

現在の閲覧者数:

お気に入りブログ様

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

よろしければ押していってください~

ブログランキング
にほんブログ村 漫画ブログへ

過去ログ