拍手ボタン

ぽちっとおねがいします。
メッセージがあると泣いて喜びます!

最近の記事

最近のコメント

ユウのお部屋

ユウをクリックしてみてね☆

Sumire's Store

私の好きなものをご紹介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索

RSSフィード

関連記事Loader

Loading...

[猫カフェ]futaha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

白磁 01/モリエサトシ -ミニ感想-

白磁 1 (花とゆめCOMICS)白磁 1 (花とゆめCOMICS)
(2009/06/19)
モリエ サトシ

商品詳細を見る




≪内容紹介≫
天才画家の明春は初めてあった女子高生・生花の透き通ったきれいな肌に一目ぼれする。
しかし、彼は対象に触れなければイメージを膨らませられないというタイプで、生花に触れてみたいと思いながらも汚してしまうと相反する気持ちとで葛藤するが・・・??


初めに読んだのは『フェティッシュ』というお題で構成された付録のコミックスでした。これは”肌”
花とゆめなのに、少し大人チックなお話だな~って思いました。



収録読み切り『少女カンセン律』

人の悲しみがわかってしまう深雪。そんな彼女の前に黒陽という天使がやってきた。
どうみても悪魔のような顔立ちをしている彼が深雪にこれ以上悲しませないように神から使わされてきたのだ。
なぜなら人間が一生のうちに享受できる悲しみの量は決まっていて、それを越えてしまうと死が訪れてしまうのだ。
深雪のキャパシティはもうホンのわずかになってしまっていた。
果たして彼女を救えるのか・・・

結論としては彼女を救えたんだか救えなかったんだかわからないラストですが
悲しみを知らなかった黒陽が深雪と出会ったことでその感情を知ることができたという点ではよかったのかな。と思います。



2010-11-28(Sun) 21:27| [少女コミックス]花とゆめ掲載| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaninchen10.blog70.fc2.com/tb.php/650-d381e2d5

プロフィール

すみれ

Author:すみれ
マンガ好きな主婦です。
最近は子育てで時間がなく、あまり更新できていませんが…
好きな作品は 白泉社の作品が多いです。
あとは有川浩さんも読みます。
こんな私ですがどうぞよろしくです。

カテゴリー

カウンター

訪問人数

現在の閲覧者数:

お気に入りブログ様

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

よろしければ押していってください~

ブログランキング
にほんブログ村 漫画ブログへ

過去ログ