拍手ボタン

ぽちっとおねがいします。
メッセージがあると泣いて喜びます!

最近の記事

最近のコメント

ユウのお部屋

ユウをクリックしてみてね☆

Sumire's Store

私の好きなものをご紹介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索

RSSフィード

関連記事Loader

Loading...

[猫カフェ]futaha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

アナトゥール星伝 『銀の星姫』 /折原 みと

アナトゥール星伝(2) 銀の星姫(上) (講談社X文庫―ホワイトハート)アナトゥール星伝(2) 銀の星姫(上) (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2008/03/18)
折原 みと

商品詳細を見る


アナトゥール星伝(3) 銀の星姫(下) (講談社X文庫―ホワイトハート)アナトゥール星伝(3) 銀の星姫(下) (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2008/03/18)
折原 みと

商品詳細を見る


このシリーズは全20巻です。

≪全体的なあらすじ(というか。導入)≫
高校受験に失敗し、学校をサボって入った図書館でふと惹かれて読んだ古い書物。
見たことのない文字で『アナトゥール星伝』と書かれてあった。
見たこともない文字がすんなり読めたと不思議に思い、その書物を読んだ瞬間、ユナの冒険が始まったのだった・・・



『銀の星姫(メシナ)』
アナトゥールから帰ってきてから一年後、銀の星の啓示を受け、またアナトゥールへやってきたユナ。
久しぶりに戻ってきたエスファハンではなにやらお祭ムード。婚礼の準備で大賑わいだったのだ。
だが、婚礼の儀の最中、西方のラドルフ王国が国境を侵入してきたという知らせが入り・・・

というお話構成です。このシリーズは感想というよりネタバレあらすじの色が強いです。
追記には細かいあらすじを載せてますのでご注意くださいね。

全部ネタばれてしまうとつまらないので追記はネタバレOKの人のみ見てくださいね。
主な登場人物は
ユナ・・・鈴木結奈(女子高生)
シュラ・サーディン・・・エスファハン国の王子(のちに王になる)

です。





銀の星姫(メシナ)(上)

銀の星の掲示を受けてまたやってきたユナ。
エスファハンにつくとお祭騒ぎ!理由を聞くと結婚式だという。しかも自分と王子の!
怒涛の展開についていくユナ。婚礼までが大変で通常1年かかる準備を3日でするという急っぷり。
やっと婚礼当日、誓いの言葉を交わしている最中に敵襲の知らせ。
やはりユナは戦いの救世主ということなのでしょうか。
今回は隣国ラドルフ王国の侵入。
激しい戦いが続き、捕虜も多くなってくる。ユナはラドルフ兵たちも看病していたが、ユナの身分を知り、自国へ帰るために利用できると思ったラドルフ兵に人質にされてしまった。

敵国へ人質になってしまったユナは脱出大作戦を決行。
ピンチの時にエスファハンで看病していたラドルフ兵(パウルら)に助けられる。
ユナを助けにきていた王子とも再会できて、これからエスファハンに戻るというときに悲劇が起こる。
一緒に来ていた警備隊長のナディル(王子と兄弟見たく育ってきて、王子には大事な存在の人)をかばい王子が重症を負ってしまう。
命が危ないと感じたとき、銀の星が強く光り・・・ とここで続くになってしまうの。

一気にあらすじを書いてしまったわ。ここで出会ったパウルとか敵国の司令官とかは今後のお話にも登場してくるのです。
では下巻のネタバレあらすじに入ります。



2011-01-22(Sat) 18:30| [小説]その他著者| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaninchen10.blog70.fc2.com/tb.php/657-62ca5976

プロフィール

すみれ

Author:すみれ
マンガ好きな主婦です。
最近は子育てで時間がなく、あまり更新できていませんが…
好きな作品は 白泉社の作品が多いです。
あとは有川浩さんも読みます。
こんな私ですがどうぞよろしくです。

カテゴリー

カウンター

訪問人数

現在の閲覧者数:

お気に入りブログ様

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

よろしければ押していってください~

ブログランキング
にほんブログ村 漫画ブログへ

過去ログ