拍手ボタン

ぽちっとおねがいします。
メッセージがあると泣いて喜びます!

最近の記事

最近のコメント

ユウのお部屋

ユウをクリックしてみてね☆

Sumire's Store

私の好きなものをご紹介

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索

RSSフィード

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

キノの旅-the Beautiful World- /時雨沢 恵一

     キノの旅



時雨沢と書いて「しぐさわ」と読む。難しいですねー。私はしぐれざわだと思ったよ(笑)

さて、Wikipediaに寓話的な要素がある短編連載ということで一度読んでみようと思い、
手にとった本であります。
うん。この本はメッセージ性が強いのですね。teenagerが本を読んで今の社会を考えるきっかけになれればいいと思ったりしました。
読みやすいしね。それが一番だと思います。

≪作品紹介≫
キノは旅人。エルメスという名前の自転車で旅をしている。
キノの住んでいるところは国は都市国家でそれぞれ法律も何から何まで違う。そしてだいたいが城壁で囲まれていたのだった。
キノが訪れた国でのできごとがこのキノの旅である。


収録作品
プロローグ「森の中で・b」-Lost in the Forest・b-

第一話「人の痛みが分かる国」-I See You.-
人の心が聞こえてしまうという国。
ある日人が思っていることが分かるという秘薬ができて、国民全員が飲んだ。
初めはよかったが、次第に聞かれたくない心の内まで聞かれてしまうのが恐くなり、人と接することなく過ごすようになってしまったのだ。

確かに人の思ってることが分かるのっていいなーとか思うこともあるけれど、知らないほうが幸せということもある。
人は本音だけでは付き合えないということだよね。
たとえば悪くないと思っていても、謝ったほうが穏便に済むなら謝ったほうがいいこともあるだろうし。
大人の社会は建前が多いということだ(どんな締め方だよ・笑)

第二話「多数決の国」-Ourselfish-
多数派が何もかも正しいという国。

多数決でなんでも決める国があった。
少数派にまわってしまった人たちは残らず死刑。
でもそれってある意味恐いよね。反対意見は全て抹殺していたら民主主義ではなく、多数派の独裁になってしまう。
結局ひとり残った男は多数派の中にいたけれど、それをしすぎて独裁者と変わらないゆがんだ考えを持つようになってしまったのだった。


第三話「レールの上の三人の男」-On the Rails-
ある線路で3人の男に会った。
ひとり目はレールをキレイにする男。
ふたり目はレールをはずす人
三人目はレールをつける人。

この男3人は鉄道会社の社員で、多分命令が下ってる間に会社は倒産したんだろうな。と思った。
でも、この命令を受けた社員さんたちまで連絡が行き届かなかったから作業をやり続けてるってことだよね。でもおかしいと思わないのかなーとか言ってしまったらいけないので口をつむぐことにする。

第四話「コロシアム」-Avengers-
旅人にとてもすばらしい国だと賞賛されていた国があった。
今でもそれは変わっていないが、キノは以前に聞いた話と今、その国で受ける印象が違うと感じていた。それは支配者が変わってしまったからだった・・・

ここでは珍しく登場人物に名前がついてました。シズと陸。
(入国したら強制的に)コロシアムで試合をし、相手を打ち負かして優勝すると市民権と1つ何でも望みをかなえられるというシステムだった。

シズはキノが決勝で当たった相手だった。しかも国王の息子(勘当されてたらしい。)
で王の命を狙っていたらしかったのだ。

悪政はすぐに滅びるというメッセージかなー??

第五話「大人の国」-Natural Rights-
キノがキノになったお話。
キノと呼ばれている今のキノは2代目で、2代目キノはまだ違う名前を持っていた。
1代目と出会い、自分の国の考えに疑問を持った2代目は親にそのことを打ち明けるが・・・

反国民のような扱いで、2代目キノは親から殺されそうになってしまう。それをかばって亡くなった1代目キノの代わりに逃げ出すように国からでた2代目。
そこから2代目はキノと名乗るようになった。という話。

第六話「平和の国」-Mother's Love-
昔 という国と という国とが戦争を起こした。国の歴史は戦いの歴史だった。だが、近年は争いが起こっていない。どうやってやめたのかというと・・・・

他民族を両国が襲い、死者の数を争うというなんともひどいことをして、自国の平和を守っていたのだった。
弱肉強食は自然の摂理だけれども、なんだか弱いものいじめという印象。
きっとそんなことを訴えたかったのかな?と感じたお話。


エピローグ「森の中で・a」-Lost in the Forest・a-


とこのようなお話構成になっています。



2010-05-26(Wed) 22:40| [小説]その他著者| トラックバック 0| コメント 0

トワイライト 05-狼の月 /ステファニー・メイヤー

トワイライト〈5〉 狼の月トワイライト〈5〉 狼の月
(2006/12/09)
ステファニー メイヤー

商品詳細を見る


エドワードに別れを告げられたベラは抜け殻状態。
その穴をジェイコブが埋めてくれたが、ある日彼とも連絡が取れなくなってしまう。
ベラのことを避けているようだった。
ジェイコブはどうしたのだろう・・・ この巻はベラとジェイコブの話オンリーでした。

結局ジェイコブは人狼でベラを避けてたのは狼になってしまったのでというわけでした。
危機に陥るとエドワードの声を聞けるようですが、それがあだとなってベラは危険な状態に身を置くようになったりする。
そしてある日事故で海でおぼれてしまい・・・

一命を取り留めたベラが帰宅すると誰かが待っていた。それは誰か-、次巻へ続く。


2009-10-04(Sun) 23:22| [小説]その他著者| トラックバック 0| コメント 0

トワイライト 04-牙は甘くささやく/ステファニー・メイヤー

トワイライト〈4〉 牙は甘くささやくトワイライト〈4〉 牙は甘くささやく
(2006/11/30)
ステファニー メイヤー

商品詳細を見る


≪内容紹介≫
ジェームズに狙われたことでエドワードはベラとの関係を考え直していた。
そしてやってきたベラの誕生日。
そこでうっかり怪我をしてしまったベラに対してカレン家の一人がベラの血に反応してしまい・・・

↓よろしければ押してください。↓
にほんブログ村 漫画ブログへ ...read more

2009-09-20(Sun) 21:41| [小説]その他著者| トラックバック 0| コメント 0

トワイライト 03-闇の吸血鬼一族/ステファニーメイヤー

トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族
(2005/09/20)
ステファニー メイヤー

商品詳細を見る





≪内容紹介≫
エドワードがなぜ吸血鬼になったのかを知ったベラ。
そしてエドワード一家と野球をして遊んでいると(ベラは見学)別の吸血鬼がやってきた。その中のジェームズがベラに目をつけてしまい・・・




↓よろしければ押してください。↓
にほんブログ村 漫画ブログへ ...read more

2009-09-18(Fri) 21:40| [小説]その他著者| トラックバック 0| コメント 0

ナルニア国物語 『朝びらき丸 東の海へ』 /C.S.ルイス

朝びらき丸 東の海へ (ナルニア国物語)朝びらき丸 東の海へ (ナルニア国物語)
(2005/07/09)
C.S. ルイスC.S. Lewis

商品詳細を見る


全7巻の3巻目です
≪内容紹介≫
ルーシーとエドマンドは夏休みにイトコのユースチスの家に預けられた。
そこの家の船の絵画が動いたと思ったらまたナルニアに引き込まれていた。

今回のナルニアはまだカスピアンの治世であったが、彼は父の友人であった7人の行方を捜して航海に出るところでした。
そこへ合流した3人はその旅についていくことにしたのです。


と簡単な内容紹介でしたが、もうね、読みづらいことこの上なしなんで
多分これで読むのは終わりになると思います。
児童文学がこれほどまで読みづらいとは!

ばーっと斜め読みなんで細かく分かりませんが、
カスピアンはこの旅で結婚するお姫様をみつけたということです。


2009-09-13(Sun) 21:55| [小説]その他著者| トラックバック 0| コメント 0

ナルニア国物語 『カスピアン王子の角笛』 /C.S.ルイス

カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり (2)カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり (2)
(2000/06)
C.S. ルイスC.S. Lewis

商品詳細を見る


≪あらすじ≫
ペペンシー兄弟がナルニアより戻ってきてから約一年後のこと。
彼らはプラットホームにいました。学校の寄宿舎へ行く途中のことでした。
だが、彼らはどこかから引っ張られる感覚に気づきました。そう、ナルニアからまた呼ばれたのです。
あっという間に目の前がナルニアになったのはいいですが、自分達が統治していた頃のナルニアとは違いました。ケア・パラベル城は無残にも跡地になっていたのです。
そう、あの統治時代より100年は経っていたのです。
アルニアのみんなは追いやられ、ティマール人が国を支配していました。
しかし、その王はすでに崩御しており、まだ若い王子のカスピアンに代わって伯父のミラースが政権を牛耳っていました。
しかし、ミラースにも待望の男子が生まれ、カスピアンの立場が危ういものに。
そこで彼は城を抜け出して・・・

というお話。
感想は追記に。



↓よろしければ押してください。↓
にほんブログ村 漫画ブログへ ...read more

2009-07-16(Thu) 21:28| [小説]その他著者| トラックバック 0| コメント 0

トワイライト 02-血は悲しみの味 /ステファニー・メイヤー

トワイライト〈2〉 血は哀しみの味トワイライト〈2〉 血は哀しみの味
(2005/08/20)
ステファニー メイヤー

商品詳細を見る




≪内容紹介≫
クラスメートのジェシカたちとパーティドレスを買いに行ったベラはそこで道に迷い困っているところをエドワードに助けられる。
いつも運良くベラのピンチに駆けつけるエドワードに問いかけ、彼が吸血鬼だという確信をもち、彼に確かめた。

するとお互いなぜか質問の嵐になってしまい・・・



↓よろしければ押してください。↓
にほんブログ村 漫画ブログへ ...read more

2009-06-16(Tue) 19:04| [小説]その他著者| トラックバック 0| コメント 0

トワイライト 01-愛した人はヴァンパイア /ステファニー・メイヤー

トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイアトワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア
(2005/08/10)
ステファニー メイヤー

商品詳細を見る


分類でいくとライトノベルなのかな?


≪内容紹介≫
イザベラ(通称:ベラ)は母親と暮らしていたが、この度離婚した父親の方へと住居を移した。
今まで住んでいたフェニックスはいつも天気がよかったが、新しい町は雨が多い地域でいつもどんより。
天候からなじめないベラにとって、新しい町はフェニックスと比べるとこじんまりしているので、少し息が詰まるものだったのかもしれない。
内気なベラは友達が少なかったが、新しい学校では友達もできるようになった。
転校生であるベラは目に留まりやすかったのだが、ある日彼女に敵意の眼差しを向ける男の子がいた。それはエドワード・カレン。
彼との出会いがベラの運命を変えるのだった・・・?



↓よろしければ押してください。↓
にほんブログ村 漫画ブログへ ...read more

2009-04-08(Wed) 19:25| [小説]その他著者| トラックバック 0| コメント 0

検屍官 /パトリシア・コーンウェル

検屍官 検屍官
(1992/01)
パトリシア コーンウェル

商品詳細を見る




≪内容紹介≫
アメリカ リッチモンドで女性の連続殺人がおこる。
検死官のケイスカーペッターはこの事件を担当している。

5人の被害者はずべて一人暮らし状態(発見時は一人でいたのである)で金曜の夜中kら土曜の早朝にかけて殺害されていた。
どの女性も絞殺ということ意外に共通点がないように思えたが・・・


アメリカの検死官は捜査権があるのでしょうか?
そこら辺が文化や制度の違いで分からないところなんだよね。

↓よろしければ押してください。↓
にほんブログ村 漫画ブログへ ...read more

2009-01-17(Sat) 21:15| [小説]その他著者| トラックバック 0| コメント 0

ナルニア国物語 ライオンと魔女/CSルイス

ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)
ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)C.S.ルイス

おすすめ平均
starsガス燈時代のRPG
stars時代を超えて
stars何度も読み返した
stars部屋の箪笥の奥を覗きたくなる。
stars子供のうちに

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ナルニア国物語の第1巻です。全部で7巻あるようです・・・

≪あらすじ≫
第二次世界大戦時のイギリス。ペペンシー兄弟は疎開のため、 にやってきた。
博士は少し近寄りがたくメイドのおばさんは口うるさかった。
彼らの住んでいる屋敷はとても見学者が多く、見学時は子ども達はおとなしくしていなければならなかった。
そんなある日、兄弟でかくれんぼをした際に一番末っ子のルーシーはクローゼットに隠れたが、奥まで進んでいくと知らない世界につながっていたのだった。

実はそのことはナルニアにとって重要だった。
アダムとイブの子ども達が白い魔女に支配され、冬の続いているナルニアを救うと予言されていたのだ。
そう、ルーシーたちペペンシー兄弟が救世主だったのだ。
彼らはナルニアを白い魔女から救うための旅が始まった!!

↓よろしければ押してください。↓
にほんブログ村 漫画ブログへ ...read more

2008-08-03(Sun) 12:43| [小説]その他著者| トラックバック 0| コメント 2

プロフィール

すみれ

Author:すみれ
マンガ好きな主婦です。
最近は子育てで時間がなく、あまり更新できていませんが…
好きな作品は 白泉社の作品が多いです。
あとは有川浩さんも読みます。
こんな私ですがどうぞよろしくです。

カテゴリー

カウンター

訪問人数

現在の閲覧者数:

お気に入りブログ様

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

よろしければ押していってください~

ブログランキング
にほんブログ村 漫画ブログへ

過去ログ